福岡県大牟田市の中友診療所【 総合内科 呼吸器 労災 糖尿病 循環器 皮膚科 内視鏡 】
JR大牟田駅、西鉄大牟田駅より徒歩15分、タクシー3分

社会医療法人親仁会

中友診療所
ホーム > 9.11を思う


 9.11を思う
投稿:橋口 俊則

2001911日、米国で民間旅客機4機が同時にハイジャックされ、2機は世界貿易センター、1機はペンタゴンに激突、もう1機はペンシルベニアに墜落しました。約3000名の死者を出した、史上最悪の米国同時多発テロでした。

 

私は東京に出張中で、ホテルのテレビをおもむろに付けたときに、世界貿易センターの1棟が噴煙に巻かれ、その直後に旅客機がもう1棟のビルに激突した瞬間でした。状況が全く掴めておらず何か映画の1シーンを観ているような感覚だったのを思い出します。

 

テロリストであろうと、他国の軍隊であろう米国本土が直接攻撃されたことに驚愕し、これは戦争になるなとその瞬間に本当に思いました。

 

そして、その後、ブッシュ大統領は「対テロ戦争」を宣言して、国際テロ組織アルカイダを、それを率いるビンラディンを、そして匿ったタリバン政権のアフガンを、「大量破壊兵器がある」という妄想のもとイラクを、さらにはイエメン、シリアを、ISを、次々に米国は「対テロ戦争」を拡大して、結局日本も含めた世界85か国を巻き込み、2021年の今日まで20年間にわたって戦争を継続しました。

 

しかし、ご存じのように、アフガンはタリバンが実権を再び握りました。

 

戦争、つまり軍事や暴力によって一国の社会、文化、政治制度を思い通りにコントロールしようとしたツケ、破綻でしょう。

 

故中村 哲先生が存命中であったならば、今の状況をみて、なんと言われるのでしょうか。


2021年9月11日(土)

<< デジタル庁とサイバーセキュリティーの脆弱性の課題は?
2021.9.10
花粉症の舌下免疫療法のお勧めです >>
2021.9.13



はじめのページに戻る



中友診療所
〒836-0032 福岡県大牟田市新地町6-1
0944-53-5009