福岡県大牟田市の中友診療所【 総合内科 呼吸器 労災 糖尿病 循環器 皮膚科 内視鏡 】
JR大牟田駅、西鉄大牟田駅より徒歩15分、タクシー3分

社会医療法人親仁会

中友診療所
ホーム > 花粉症の舌下免疫療法のお勧めです


 花粉症の舌下免疫療法のお勧めです
投稿:橋口 俊則

今年も花粉症がきつかったという皆さんへ

来年に向けて、今こそ知っておきたい

スギ花粉症の最近の治療をご紹介しましょう。

 

『毎年のつらい症状から解放されたい、もう味わいたくない』とお思いの方も多いことでしょう。

本日は長年スギ花粉症をはじめとしたアレルギーの症状に悩んでいる皆さんに、進歩しているスギ花粉症の治療法についてご紹介します。

 

私:

杉田さん(仮名)はスギ花粉症とお聞きしました。いつ頃発症されたか覚えていますか。

 

杉田さん:

十年以上前になります。血液検査でアレルギー反応を調べたらスギが一番高くて、次にヒノキ、次にハウスダストでした。

 

私:

アレルギー性鼻炎には、スギ花粉症のように花粉が飛散する時期に限って症状が出る季節性アレルギー性鼻炎と、ハウスダスト(ダニ)などが原因で一年中症状が出る通年性アレルギー性鼻炎があります。

一番つらい症状はなんですか。

 

杉田さん:

くしゃみと鼻水ですね。

今は薬を飲みながら仕事をしています。薬が切れると症状が出るので薬は手放せないですし、薬が効いている問もボーっとすることもあります。仕事に集中できないととてもつらいですね。

 

私:

なるほど。長い将来を考えると、早めに医療機関で治療法について相談したほうがよいと思います。

 

私:

これまでにどのような治療をしてきましたか。


杉田さん:

飲み薬と目薬が中心ですね。スギ花粉が飛ぶ少し前から抗ヒスタミン薬を服用しているので、症状は比較的安定しています。点鼻薬や鼻粘膜を焼くレーザー治療など、いろいろやりましたが、結局完治はしていません。

 

私:

抗ヒスタミン薬の飲み薬や目薬、点鼻薬による治療は、対症療法と呼ばれる治療法です。薬によって、症状をやわらげたりおさえたりします。医療機関で行う治療には対症療法のほか、アレルギー体質の改善を目指す板本治療もあります。

 

杉田さん:

根本治療とは、具体的にどういう治療法でしょうか。

 

私:

根本治療の1つに、アレルゲン免疫療法というものがあります。アレルギーの原因となる物質を少しずつ体内に入れて体を慣らすことで、長期にわたって

症状をおさえ、薬の使用量を減らすことが期待できます。

 

杉田さん:

体質改善を目指す治療があるなんて知りませんでした。

 

私:

ところで体質とはどういうことでしょうか。わかりやすくいえば、身体をコップと考えます。そのコップの許容量を体質と考えるとわかりやすい。

アレルギーの原因、これを水にたとえれば、許容量の限界を超える水がコップに注がれるとコップから水があふれます。

 

杉田さん:

コップから水、アレルギーの原因があふれると、そうだ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状がでてくるということですね。わかりやすいですね。

 

私:

これまでのお薬や点鼻薬などの対症療法と言われるものは、あふれてしまった水をふき取るといった対処をすることです。それと違い、体質というコップを今より大きいコップに取り替えることで水があふれないようにすることが根本療法、アレルゲン免疫療法と言われています。

 

この、アレルゲン免疫療法には以前から行われている皮下免疫療法に加えて、最近では自宅で11回、舌の下に治療薬を入れる舌下免疫療法も健康保険による治療が受けられるようになっています。現在、舌下免疫療法はスギ花粉症だけでなく、ダニアレルギー性鼻炎に対しても治療が可能です。

 

杉田さん:

舌下免疫療法はどこでも受けることができるのですか。

 

私:

舌下免疫療法は実施できる資格を持つ医師がいる医療機関(中友診療所も含む)で治療を受けることができます。

 

杉田さん:

早速相談してみたいと思います。ちなみにこの治療はいつでも開始することができるのですか。

 

私:

スギ花粉症に対する舌下免疫療法は、スギ花粉が飛散していない時期から治療を開始する必要があります。ですから、毎年スギ花粉症に悩まれている方は、ちょうど飛散も終わったこの機会、この時期に一度、医療機関で相談してみてはいかがでしょうか。

 

杉田さん:

治療法が進化して、スギ花粉症は治せる可能性があるということもよくわかりました。

 

私:

スギ花粉シーズンを快適に過ごすためにも、ぜひ医療機関でご自分にあった治療法について相談していただければと思います。

 



2021年9月13日(月)

<< 9.11を思う
2021.9.11
フローレンス原人から遺伝子を考える >>
2021.9.14



はじめのページに戻る



中友診療所
〒836-0032 福岡県大牟田市新地町6-1
0944-53-5009