福岡県大牟田市の中友診療所【 総合内科 呼吸器 労災 糖尿病 循環器 皮膚科 内視鏡 】
JR大牟田駅、西鉄大牟田駅より徒歩15分、タクシー3分

社会医療法人親仁会

中友診療所
ホーム > 【所長ブログ】


 「いのち見つめて〜高次脳機能障害と現代社会〜」(港 健二郎 監督)の完成披露上映会
投稿:橋口 俊則

明日、11月9日は「いのち見つめて〜高次脳機能障害と現代社会〜」(港 健二郎 監督)の完成披露上映会が大牟田文化会館・小ホール、開場17時、開演18時、参加費1000円で開催予定です。


昭和38年三川坑炭塵爆発大災害の一酸化炭素中毒患者を原点とした「高次脳機能障害」の啓発活動を炭塵爆発が起きた119日この日に初上映を取り組まれます。


転落事故、脳損傷障害、酸素欠乏症など誰でも起こりうる身近な障害で、全国には推定60万人に及ぶ高次脳機能障害患者の救済と社会的認知向上を目的としたものです。(上映実行委員会のお知らせ文より抜粋)


私は数年前に読んだ絵本の一冊に「海底の紙ひこうき」(作:東川絹子、絵:原田健太郎、同時代社刊)があります。三川坑炭塵爆発での高次脳機能障害の一酸化炭素中毒患者を介護するご家族の苦労を描き、問題提起されている絵本です。是非、この絵本もご一読下さい。

 


2021年11月8日(月)

 政権選択総選挙、自公VS野党共闘選挙の始まり
投稿:橋口 俊則

久しぶりのブロブです。

忙しかったといえば忙しかったし、それに、当診療所に米の山病院から異動赴任して3か月経て、病院と診療所との違いを整理する時間が欲しかったのが一番ですかね。

さて、4年振りの総選挙、それも政権選択選挙、自公VS野党共闘の選挙選が始まりました。

自民党総裁選挙の時に現岸田首相は声高に政策、成長と分配の好循環、新自由主義からの脱却、富裕層株売買への課税アップ等々を訴えていましたね。しかし、首相になった途端に、すべてトーンダウン、ズタズタにしてしまいました。

岸田首相は、まさに宏池会の、自民党内のリベラル派の終焉を宣言したようなものです。これは自民党の中での疑似的政権交代劇の終焉でもあります。

そして、この間、新型コロナウィルス対策でスガ首相が感染者は入院から自宅療養(治療もしない訳ですから正確には療養ではなく静養です)へと叫んだように、感染者に対しての棄民政策を見るにつけ、また、北朝鮮ミサイル発射時でも首相や官房長官なども含めて官邸には誰もいない状況を平気でする国家の安全保障政策などを見るにつけて、自公の政権担当能力が劣化していると思わざるを得ません。

そろそろ自公は下野したらどうですかね。


2021年10月22日(金)

 ウィズコロナ・ニューノーマル(新常態)への十分な対策を
投稿:橋口 俊則

今日の未明101日午前0時で緊急事態宣言が全面解除されます。

新型コロナウィルス対策の新局面というか、ニューノーマル(新常態)への仕切り直しが差し迫ってきています。どんなワクチンも効果100%ということはありません。新型コロナウィルスとの共存(ウィズコロナ)を前提にした対策を練り直す必要が出ています。

シンガポールでは人口の80%以上がワクチン接種を完了しているにもかかわらず、新規感染者が増加、いわゆる「ブレークスルー感染」が拡大して、927日からレストランでの同席者をワクチン接種者に限定して、5人までだったのが、2人までに再び行動制限しました。

日本でも同じ轍を踏まないように、経済、文化、教育などの行動制限とともに、しっかりした経済的補償と代替え策を同時に組み込んだ政策が待たれます。

そうじゃなければ、コロナ禍で破壊されている国民が本当の「酷民」になってしまいます。


2021年9月30日(木)

 自民党総裁選を思う
投稿:橋口 俊則

自民党総裁は岸田文雄氏に決まりました。

安倍・スガ時代の9年間、ずーっとこの二人を支え続けてきていた人ですね。9年間の灰汁(悪?)をしっかり取り除くことができるかもと期待しては当然いけません。

特に、「政治とカネ」を巡る問題です。「桜を見る会」前夜祭の件では安倍不起訴とした検察の処分を検察審査会が不当だとして現在再捜査中です。しかし、これまた、ジャーナリスト伊藤詩織さんが元TBS記者山口敬之氏(安倍べったりの記者だったらしい)から性暴力を受けたと訴えたときに闇に葬ったとされている中村格氏が警察庁長官になんと驚くことに現在就任していますのでこれまた期待薄です。

我ら一般市民には到底わからない恐ろしい恣意的幹部人事ですね。

それに森友学園問題についても岸田氏は従前再調査を匂わせていましたが、総裁選途中から安倍氏の不快感表明後には再調査は考えていないと翻しています。

安倍・スガ氏らの強権政治の手法はきっと引き継がれていくことは間違いないと思います。

総裁選挙ドッグレースで勝利したワンちゃんは、顔は違えどやはり同じワンちゃんですものね。


2021年9月29日(水)

 20年ぶりの「過労死」認定基準の改正はまだまだ不十分でしょうね
投稿:橋口 俊則

厚生労働省は、914日にいわゆる「過労死」認定基準の改定(基発0914号)を行いました。

厚生労働省も前回の改定から20年経過する中で、働き方の多様性や職場環境の変化と最新の医学的知見を踏まえて改正したと説明しています。

そもそも「過労死」という言葉は、「KAROUSI」と国際的にも通じる労働衛生の術語です。

「過労死」を新たに生み出さないように運動をしてきた患者・遺族の会、弁護士、労働衛生・臨床医学研究者らはこれまでもハードルが高すぎる認定基準を下げること、特に「時間外労働時間」が現行の発症前1か月100時間、26か月80時間を1か月65時間にすることを要求してきました。

しかし、この時間外労働については現行のまま維持されました。これは「WHO/ILOから長時間労働と脳心疾患のリスク報告」を無視したか、十分検討されていないと判断せざるを得ないと思います。

今後は改正された部分をどう評価し、活用するのか検討を進めていきましょう。


2021年9月28日(火)

 コロナ禍克服と気候変動対策は待ったなし!
投稿:橋口 俊則

新型コロナウィルス感染によるパンデミックは人類の生命を脅かし、奪っています。

同時に政治経済の面でも、米国トランプ大統領、それに欧州で1強だった独メルケル首相も退陣、引退です。これには、やはり、コロナ禍の影響が大いにあり、国際的には不安定な時代を迎え、内向きの政策の選択が多くなりそうです。

しかし、人類にとって感染症のパンデミックの克服も重要ですが、同時に気候変動と環境への対策も僅々の重要課題です。

新型コロナウィルスのゲノム解析やワクチン、治療法が約1年強くらいの短い期間で達成可能となったのは、世界中の科学者がこれまで集積してきた研究の成果、そしてデータを開放して国際ネットワークの力だったと思います。

一方の気候変動や環境問題のデータは出され、解決策の糸口となるカーボン・ニュートラルへの政策も国際的に議論されています。

世界の国々、特に先進諸国での内向きにならない政策実行が、今こそ待ったなしの課題ですね。


2021年9月27日(月)

 我が住む町大牟田市の新型コロナウィルス感染者の自宅療養者の実態はわかっているのかな?
投稿:橋口 俊則

新型コロナウィルス感染症は、未だ収束の兆しがありません。7月以降はデルタ株による第 5 波に見舞われ、820日福岡県では緊急事態宣言が発出され、全国でも患者数、重症者数、自宅や宿泊施設での療養者数がいずれも過去最高となっています。


ところで、大牟田市民でコロナ陽性者の中には自宅や宿泊施設で療養されている市民がいらっしゃるのではないでしょうか。


そして、重要なことは、全国でも多くの自宅療養者が所轄保健所や自分が住んでいる市町村行政の担当者が十分に把握できず、死亡された事例があったということです。果たして我が住む大牟田市では行政として十分に実態を把握できているのでしょうか?


大牟田市は、保健所の合理化で大牟田市保健所は無くなり、福岡県の南筑後保健所の管轄になりました。しかし、大牟田市も独立した自治体として、市民の生活と暮らし、そして、健康といのちを守る役目をおっていますので、地方自治の根幹を揺るがすような、県任せではあってはならないと思います。


大丈夫かな・・・


2021年9月22日(水)

 そろそろ、禁煙はどうですか?
投稿:橋口 俊則

来月101日からタバコ代が上がります。是非、この機会に禁煙外来の受診はどうですか? 

JT(日本たばこ産業)によると、主力「メビウス」が540円から580円に値上がりするらしい。この間、禁煙も進んでおり、厚生労働省によれば、習慣喫煙者(私はニコチン依存症・障がいといいますけど)2019年には16.7%とこの10年間で6.7%減少しています。

20064月より禁煙治療がニコチン依存症の治療として保険適応がなされるようになりました。さらには、20204月から一部がオンライン診療も可能となっています。

私もコロナ禍前にはよく出張にでかけていました。空港などで喫煙所を設けていましたが、そこで喫煙している人たちを見るにつけて、何となく、中国(清朝時代)での「アヘン巣窟」がこのようなものだったのかなとも思えて仕方がありませんでしたね。

主要G7の国ではタバコ代も既に1000円を超えて売られていますし、喫煙する場所も我が国以上に規制制限されています。

この機会に禁煙できれば、本人も周囲の皆さんも、ハッピーになることは請け合いですよ。


2021年9月21日(火)

 敬老の日に思う
投稿:橋口 俊則

920日は敬老の日です。これに合わせて総務省は65歳以上の高齢者に関する統計を公表しました。高齢者人口は3640万人、総人口の29.1%を占めて過去最高です。

また、高齢者の就業人口も906万人、高齢者人口の(男性34.2%、女性18%)を占め、15歳以上の就業総人口では13.6%を占めて、これまた過去最高だそうです。

高齢者も昔みたいに、いわゆる第二の人生で、老後は悠々自適と言う訳にはいかないご時世になってきています。

さらには、国立社会保障・人口問題研究所は、第二次ベビーブーム世代が65歳以上になる2040年には、35.3%に上昇すると推測していますので、

この人口問題は先延ばししないで対策を打つ必要がありますね・・・


2021年9月20日(月)

 台風の接近で、なぜ体調が乱れるの?どうしたら改善できるの?
投稿:橋口 俊則

台風14号は偏西風と太平洋高気圧の影響で日本を縦断しそうです。大牟田でも午後から風が強くなり、当院のデイケアも早めに終了して、利用者さん達を安全に送迎しました。

台風が近づくと、頭痛、肩こりがあらわれたり、だるさ、めまい、そして息切れなどの悪化など体調が乱れる人が増えて、外来診療の中でも患者さんの訴えが多くなりますね。

なぜでしょうか。

理由の一つとして、台風が接近すると気圧が下がり、空気中の酸素量も少なくなりますと、この少ない酸素量に対応するために自律神経が働き、内臓の血管、気管支の副交感神経が優位になって、この結果、呼吸数や心拍数が減少する方向に傾いてエネルギー消費を抑えようとします。

これに伴って、だるさだったり、やる気が出なくなって、抑うつ傾向になりやすく、憂鬱になると言えます。血管は拡張して、血圧が低下する、それで肩こり、めまいが起こることもあります。そして、気管支は逆に収縮して、気管支喘息などせき込み、喘鳴が出たり、COPDは痰がからみ易くなります。

ではこのような不調から出するにはどうすればいいでしょうか。そうです。交感神経を優位にすることが大切です。日常的には、濃ゆくて、熱めのお茶やコーヒーを飲んだり、皮膚の乾布摩擦や水をかぶったり(足だけでもOK)することが大切と言われています。

米の山病院小児科の田島先生は喘息の子供たちとその親御さんにいつも、水かぶりを勧めていますよ。なるほど、なるほど。


2021年9月17日(金)

1 | 2 | 3 | 最初 次のページ>>

現在1ページ目を表示しています


コラム


中友診療所
〒836-0032 福岡県大牟田市新地町6-1
0944-53-5009